環境保全型社会の実現をめざして

トップページ用ビジュアル
現代社会は、大量の資源を使い、大量の廃棄物を廃出することで生活が成り立っています。
近代化が始まって以来、わずか200年、経済活動は拡大し続け、
一方で私たちの生活基盤である環境が徐々に損なわれてきています。
私たちは、英知を絞って環境への負担の少ない経済活動のシステムや
環境モラルを徹底させなければなりません。
廃棄物を焼却して灰にしたり、安易に埋め立てたりすることで、
本当に廃棄物は消滅するのでしょうか。
廃棄物は、固体から液体、液体から気体へと形を変化させ、消えることなく、
私たちの地球上に存在しつづけています。
これらの物質が大気中に充満し飽和状態となり、
再び液体や固体に戻った時、環境は無残な状態に変貌します。
酸性雨による松枯れ、地球の温暖化、オゾン層の破壊、河川の汚染など
目に見える形でSOSが発せられています。
この容易ならない事態において、廃棄物の「破壊」「消滅」を考えるのではなく生かし続けること、
「循環」させることをテーマに環境問題を考えなければなりません。
弊社は、産業廃棄物である動・植物性残渣等を
『好気性高温菌体有機発酵堆肥』として再生させています。
良質の堆肥から豊かな大地が育ちます。
社員一同、環境保全型社会の実現を目指し鋭意努力してまいります。

 会長写真
代表取締役会長
植村 浩明
1464918221893
代表取締役社長
植村 浩太郎